設備

四国メーコーではイスを作っています。

主に、オフィスチェアとパーラーチェアの2種類です。

安心して使えるイスとして評価され、広く日本中で利用されています。

企画開発から配送までをトータルでサポートしています。

2019年1月からは金型工場を新設し、量産前にかかる納期やコストを削減する試みがはじまりました。

また、太陽光発電をはじめ、バイオマスプラクッションの開発を手がけ、限られた自然環境との共生をはかる工場として、地球環境に配慮した製造を目指しています。

パイプ加工

まっすぐのパイプを曲げたり切ったりします。

●パイプベンダー(1台)

●パイプ旋盤機(1台)

 

▶︎画像を見る

 

プレス加工

 鉄板を大きさや形に合わせて曲げたり撃ち抜いたりします。

プレス機(3台)

 

▶︎画像を見る


溶接加工

プレス部品を電気の熱で溶かして接合します。溶接をするのはロボットです。

溶接ロボット(3台)

 

▶︎画像を見る

 

裁断・縫製加工

 張材を裁断しクッションの形に合わせやすいようにミシンで縫製をします。

 

▶︎画像を見る


張り加工

クッションと裁断加工された張材を張り合わせます。

 

▶︎画像を見る

 

組み立て

 部品があつめられ組み立てられます。

 

▶︎画像を見る


クッション加工

クッションは、型の中に液体をいれると泡のように膨くらみふわふわのクッションができるロボットが作ります。

 PUシートモールド生産設備(3台)

 

▶︎画像を見る

 

設計

 CAD/CAM(キャドカム)というソフトを使い、専用金型の設計をします。

CAD/CAMシステム(設計機器)

 

▶︎画像を見る


金型加工

プラスチック製の同じ部品を大量生産することができる金型を成形します。

●立形マシニングセンタ
(グラファイト電極加工集塵装置付き)

●精密平面研削盤

●立形CNCジグボーラー

●ワイヤ放電加工機

●形彫り放電加工機

 

●操作フライス盤

●精密成形研削盤

●ラジアルボール盤

 

▶︎画像を見る


10休憩コーナー

 

▶︎画像を見る

 

11精密測定

作られた金型が、正確かどうかを測定します。

●操作フライス盤

●精密成形研削盤

●ラジアルボール盤

●汎用細穴放電加工機

 

▶︎画像を見る


12射出成形加工

熱で溶かした樹脂を、型に流し込んで固めたプラスチック部品を成形します。

 ●射出成型機(10台)

 

▶︎画像を見る


13太陽光発電

地球に優しい太陽光発電施設。

発電したエネルギーは自社で使うのではなく、地域の電力として利用されています。

●総発電出力:約1993.25kw

 

●年間発電力:約250万kw

省エネルギーセンターによると、

年間電気使用量の平均は4人家族で約5,500kWhと言われています。

四国メーコーのお陽さま工場では年間でおよそ450世帯分の発電を行なっています


工場見学

四国メーコーでは高知県内の小学生の社会見学を対象に工場見学を実施しています。

企業向け、採用向けにも行っております。

お気軽にお問い合わせください。

企業向け

開発から出荷までをトータルサポート。

工場内をご見学いただくことができます。

採用向け

入社説明会と同時に開催しています。

工場内を見学することで、未来の自分をイメージ。

社会見学向け

高知県内の小学生を対象に行っています。

「モノ」づくりの現場を見学できます。